服

学校の行事にピッタリなユナイテッドアスレ

印刷サービスを利用する

男の人

印刷方式で選ぶ

tシャツは体型やサイズを気にせず誰でも着ることができることから、世界中の人々にカジュアルウェアとして愛用されています。何度でも洗って長く使い続けることのできるtシャツですが、無地のままでは寂しいという人のために、近年ではイラストやメッセージ、ロゴといったプリントをできるサービスが普及しています。プリントと一口で言ってもその方式はいくつかあり、専門業者に依頼するには、特徴を踏まえて選択する必要があります。しっかりしたプリントtシャツを作るためにも、内容を理解して依頼するようにしたいものです。プリント方式は主にシルクスクリーン、インクジェット、昇華転写の3つの種類から選択できます。シルクスクリーンはtシャツにプリントする方法として最も定番となっている方式で、原版を作って版画のように印刷していきます。版作成が必要なため、少量の作成には向いていませんが、枚数が増えるごとに1枚あたりの単価が安くなるのが特徴です。版を使った印刷のため単色によるプリントとなりますが、生地への制限がなく、どんなtシャツでも印刷できるのが強みとなっています。インクジェット方式は生地に直接インクを吹き付ける方法で、デザインのデータがあれば原版を必要とせずに済むため、1枚から作成可能というメリットがあります。化学繊維へのプリントが難しいという問題はありますが、多数のインクを利用した印刷方法なので、フルカラーにも対応しているのが魅力です。昇華転写方式は専用紙を使用した熱転写によって生地にプリントするもので、少量の枚数でも作成可能です。ポリエステル素材限定という問題はあるものの、フルカラー対応で発色が良いことから、鮮やかなプリントtシャツを作りたい場合に最適です。